チケット購入方法

前回(2012.10)の様子


今年度から秋(10月)と春(3月)2回開催になりました。

全店共通パスポートは前売券 6,000円 当日券7,000円です。(まちづくり甲府 他 各参加店で2月中旬より発売予定。)

お問合せ・チケット購入は まちづくり甲府(TEL:055-233-2260 E-Mail watai@kofucci.or.jp) までご連絡ください。
                                                                           
 公演日:2013年3月23日(土)  17:30 オープニングセレモニー(桜座) 出演者勢ぞろいでみなさんをお迎えします
 19:00 1stステージ開始
 20:30 2ndステージ開始(桜座のみ2ndステージで終了)
 22:00 3rdステージ開始
桜座(甲府市中央1-1-7)

江戸、明治時代と歌舞伎、芝居で甲府の大衆に人気の芝居小屋(櫻座)は活動写真の出現もあり姿を消した。そして76 年の歳月を経て、文化芸術、中心街活性化等を目的に8 年前「桜座」として復活しました。 国内はもとより海外からも数多くのアーティストが出演しており、他にない舞台環境に遠方からの来場者も多い。

お問合せ先:055-233-2031
ナオミ&ゴロー&菊地成孔

ジョアン・ジルベルト直系のボサノヴァ・デュオnaomi & goro と日本ジャズ界の鬼才、菊地成孔によるコラボレーション! ジョアン・ジルベルト直系サウンドと言われるボサノヴァ・デュオ、naomi & goro。文筆家、講師など多方面で活躍するジャズメン、菊地成孔。このユニットは、菊地が2010年にオーガナイズしたイベントTOKYO M.A.P.S.にnaomi & goro に出演依頼のファ ースト・コンタクトを取った事がきっかけとなり誕生。その演奏の化学反応が、本人たちはもちろんのこと周辺全てを魅了し、2012 年7 月にcommmons よりアルバム『calendula』をリリースしヒットを記録。ロングセールスを続けている。

菊地成孔(Sax)(Vo)
音楽家/文筆家/音楽講師。東京ジャズシーンのミュージシャン(サキソフォン/ヴォーカル/ピアノ/キーボード/CD-J)として活動/思想の軸足をジャズミュージック に置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開、演奏と著述はもとより、ラジオ/テレビ番組でのナヴィゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食 文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。
コットンクラブ
     (甲府市中央1-1-7)

1980~90 年代、甲府の中心かすがも~るにあった名店コットンクラブが11 年の歳月を経て、2006 年再びコリド桜町にオープン。店内は、20 世紀初頭、ニューヨークのハーレムにあった伝説的なジャズクラブ、コットンクラブを彷彿とさせる濃厚な時間が流れています。おいしい料理、そして香り高きお酒と共に心地よい音楽を楽しむことが出来ます。

お問合せ先:055-233-0008
平賀マリカ&大隅寿男カルテット feat.太田 剣

平賀マリカ(Vo)
真っ赤なエナメルのように艶やかで鮮やかな声。花が咲いたような笑顔で、ステージをハッピーにする実力派歌姫。 彼女のサクセスストーリーは、アジア音楽祭in香港での金賞受賞から始まった。 ロマンチックな表現力とハイレベルな歌唱力で日本のジャズシーンを代表する実力派ヴォーカリスト。 2010年年1月 3年連続となる第43回(2009年度)スイングジャーナル主催ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞を受賞。

大隅寿男(Ds)(P)
 福井県芦原温泉出身。明治大学政治経済学部卒。 アートブレーキー&ジャズメッセンジャーズの来日公演(1961年)を観て感銘を受け、大学でジャズドラムを始める。 1969年、大学卒業後、プロドラマーとして活動を開始。多くのミュージシャンとの共演で好評を得る。 1978年、大隅寿男トリオを結成。リーダーとして活動を開始。国内外のアーティストと共演、アルバムレコーディングに数多く参加する。また作曲家、宇崎竜童のレコーディングにも参加、共演も多い。2005年1月、スイングジャーナル誌が主催する、日本ジャズ界に最も貢献した人物に贈られる「第30回 南里文雄賞」を受賞する。また、同誌の「日本ジャズメン読者人気投票」では、 2006年より4年連続で「ドラム部門」で2位に選出されている。

太田 剣(As)
1970年6月15日生まれ 愛知県渥美郡(現・田原市)出身小学校でトランペット、中学校でテナーサックス、高校でアルトサックスを手にし、雲井雅人 氏にクラシック奏法のレッスンを受ける。 早稲田大学でロシア文学を学ぶ傍らジャズ奏法を池田 篤 氏に師事。その後、渡米してケニー・ギャレットやビンセント・ハーリングにも師事する。 卒業後、国内のジャズ・シーンで頭角を現し、大坂昌彦(ds)カルテットのメンバーとして活躍。その後、TOKU(vo,flh)、小沼ようすけ(g)、Tommy Campbell(ds)、小林陽一(ds)らのバンドにも参加。 2006年にCD“Swingroove(スウィングルーヴ)”でユニバーサル・ミュージックよりメジャーデビュー。Jazzの名門『Verve(ヴァーヴ)』レーベルからCDをリリースしたサックス奏者としては、渡辺貞夫に続いて日本人2人目。
Alfie(甲府市中央4-3-19 )

26 年前は地下にカウンター15 席程度のお店でしたが、多くの音楽を愛する人々に支えられて、2001 年、ペルメ桜町通りに“レストラン・バー・アルフィー”として大きくリニューアルオープンすることが出来ました。以来、料理、酒、音楽ともに本物にこだわり続けると同時に、お客様一人一人にあたたかいサービスを提供していきます。

お問合せ先:055-233-0300
安ヵ川大樹デュオ

安ヵ川大樹(B)
1967年、兵庫県西宮市出身。 幼少のころよりピアノを始め、音楽に親しむ。 18歳で上京、明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」に所属、コントラバスをはじめる。牧島克彦氏、吉野弘志氏 吉田秀氏に師事。1989年、「第19回山野ビッグバンドコンテスト」にて最優秀賞受賞。1991年、アルファレコードより、CD「Down under」に参加、プロ活動を開始する。 96、97年にはマリーナ・ショー(Vo)の全国ツアーに参加。 1998年より、故日野元彦(ds)のクインテットに抜擢され、CD ダブルチャント(EWE) に参加する。2001年より自己トリオ、ソロライブ活動を開始。2002年9月、アルバム 「Let My Tears Sing」同年2月、自己トリオ”Ya!3”のアルバム 「LOCO」 2004年7月 安ヵ川大樹トリオ 「KAKEROMA」 をリリース。 2006年5月、ファーイーストジャズアンサンブルを立ち上げ、2007年8月の松江城国際ジャズフェスティバルに出演。2007年8月CD「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」 をリリース。第2回PLAYBOYジャズ大賞候補作品に選出される。 2008年 ジャズレーベル D-MUSICAを立ち上げ、CDを制作。2009年より 昭和音楽大学 ジャズ科 非常勤講師。2010年 2011年 2年連続、台中ジャズフェスティバルに招聘される。2011年 NHK BS1 情報番組 ”エルムンド”に一週間 D-MUSICAレーベルアーティストと出演。 卓越した音楽センス、技量、スケールの大きなオリジナル曲、今 最も注目を集めているベーシストである。

西山 瞳(P)
1979年11月17日生まれ。大阪府出身、東京都在住。6歳よりクラシックピアノを学び、18歳でジャズに転向。大阪音楽大学短期大学部音楽科音楽専攻ピアノコースジャズクラス在学中より演奏活動を開始する。卒業後、エンリコ・ピエラヌンツィに傾倒。  2004年、自主制作アルバム「I’m Missing You」を発表。2005年、横濱ジャズプロムナード・ジャズコンペティションにおいて、自己のトリオでグランプリを受賞。  2006年、スウェーデンにてレコーディング、「Cubium」をリリースし、デビューする。  2007年には、日本人リーダーとして初めてストックホルム・ジャズフェスティバルに招聘される。以降、「Many Seasons」「In Stockholm」と、2枚のスウェーデン録音作品をリリース。2008年に自己のバンドで録音したアルバム「Parallax」では、HMVジャパニーズジャズチャート1位を獲得、スイングジャーナル誌日本ジャズ賞にノミネートされる。2010年、インターナショナル・ソングライティング・コンペティションで、自作曲”アンフォールディング・ユニバース”がジャズ部門で3位を受賞。合わせて”ソウル・トラベル”がセミファイナルに選出された。 2011年には、「Music In You」をリリースし、タワーレコードジャズ総合チャート1位、HMV総合2位にランクイン。CD Journal誌2011年のベストディスクに選出される。 2012年3月には、安ヵ川大樹との共作「El Cant Dels Ocells」、馬場孝喜とのデュオ作「Astrolabe」を同時発表。
ALONE(甲府市中央4-3-25)

今年46 周年を迎える本格的なジャズライブが行える県内でも数少ないcafe です。
毎年8月の八ヶ岳ジャズライブの企画をはじめ、いつも楽しいライブを企画し続けています。ホームページを覗いていただけたらライブ情報も詳しくのっています。お茶でもビールでもお食事でも・・・是非お気軽にご来店下さい!


お問合せ先:055-232-2332
是方博邦 LIVE OF LIFE with 田村直美

是方博邦G
大阪生まれ、神戸育ち。1975年に上京後、大村憲司・村上ポンタ秀一らと組んだ「カミーノ」というグループでプロデビュー。 1977年、桑名正博のバックバンドの「ティアドロップス」に参加。シングル“セクシャルバイオレットNo.1”のヒットをとばす。 ティアドロップス解散後、高中正義グループと松岡直也グループに参加。いずれも海外公演にも多数同行した。 1983年にはデビューソロアルバム『KOBE KOREKATA』をリリース。 その後もソロで活動する傍ら多くのミュージシャンとの共演も重ね、ライブだけでなく教則本・ビデオも多数発売。 またテレビ番組にも出演し、活躍の場を広げた。 1987年にはT-SQUAREの安藤正容とカシオペア
の野呂一生を誘い、「OTTOTTRIO」なるギターセッションを組んで注目を浴びる。 フュージョンシーンにおいての活動の場を主とし、誰もが知る人気ギタリストとなる。 現在もジャズ・フュージョン・ロックをはじめ、オールラウンドなギタープレイで日本の音楽シーンを支え続ける。 「野獣王国」「KORENOS」「ROCK UNIT」「tamKore」「SOUL BALLADE」「CRAZY KORE-I-JUN」に加え、杉山清貴・石井一孝・ACE などとも幅広く活動をし、年間150本以上のライブを全国で行っている。

田村直美(Vo)
1987年PEARLとしてメジャーデビュー。 4枚のアルバムを発売した後、一時活動休止し渡米。帰国後ソロとしても活動を始める。 1994年までにPEARL名義で7枚のアルバムをリリース後、本名“田村直美”として活動を開始。 ファーストシングル「永遠の1秒」を大ヒットさせ、続く「ゆずれない願い」は100万枚を超えるヒットとなる。 1995年にはNHK紅白歌合戦にも出場。1997年にPEARL復活。世界的ミュージシャンである“北島健二”“カーマイン・アピス”“トニー・フランクリン”を迎えアルバムをリリース。 2004年には田村直美としてデビュー10周年を迎えた。 また、近年では自身の歌手活動の傍らボイストレーナーとしての活動も行っており、後進の育成にも力を入れている。


田中晋吾(B)
1977年生まれ。神奈川県出身。 日本を代表するジャズ・フュージョンバンド“T-SQUARE”のサポートベーシストとして活躍。 これまでに8枚のCD・DVDに参加している。 楽しくいい音楽をモットーに、ジャズだけではなくJERO・山本リンダ・キマグレン・加山雄三・東方神起・絢香など、 ジャンルを超え多くのミュージシャンの楽曲に参加し、広く活躍している。

坂東慧(Ds)
幼い頃からエレクトーンを習う。8歳でドラムを始め、瀬勝彦、菅沼孝三、ニール・ソーセンに師事した。2004年、六本木ピットインでのセッションで当時T-SQUAREのサポート・キーボーディストを務めていた河野啓三と共演。これが契機となり、スクェアのライヴ・ツアー“Groove Globe Tour”にゲスト・ドラマーとして参加。その後スクェアのサポート・メンバーを経て、2004年末にスクェアの正式メンバーとなった。ドラマーとしてだけではなく、作・編曲面においても類稀なる才能を有する新世代ミュージシャン若手最注目株の一人。2005年11月に開催された"Zildjian Day 2005 at 楽器フェア"ではサイモン・フィリップス氏、菅沼孝三氏と競演。サイモン・フィリップス氏からも絶賛される。T-SQUAREとしての活動以外にも、吉川晃司のツアー・サポート、レコーディングや、上原ひろみのレコーディング&セッションLIVEにも参加。大江千里や、ゴスペラーズの村上てつやと、Skoop On SomebodyのTAKEのユニット「武田と哲也」のツアーサポートも務めるなど、多数のアーティスト及び、ミュージシャンと共演している。。
THE VAULT
(甲府市丸の内1-21-7 武藤ビルB1) 

THE VAULT では、「世界の美味」をコンセプトに、様々な国の飲食文化の美味しさを追求し皆様にお届けしています。世界の樽生ビール8 種類をはじめ、ビール・シングルモルト・バーボンなど厳選した200 種類を超える品揃えのオーストラリアスタイルのBAR。もちろんレストランとしてご利用いただけるよう日本の枠を超えた、本格的な外国スタイルのお食事も充実させています。店内は、世界中の人々が集まり、誰もが一緒に楽しめ癒されることが出来るそんなカジュアルな空間になっております。そんなTHE VAULT で普段味わうことのないお料理とお酒、世界の美味しさに出逢いそしてライヴと心地よい贅沢な楽しい時間を過ごして頂ければ幸いです。

お問合せ先:055-237-0944
梅津和時 太田 惠資 鬼怒無月UNIT

梅津和時
1949 年10 月17 日、宮城県生まれ。70 年代前半に渡米、 ニューヨークのロフトシーンで活躍した後に帰国、 1977 年結成の生活向上委員会大管弦楽 団で一世を風靡した。 1981年にドクトル梅津バンド(DUB)を結成、以後DIVA、 シャクシャイン、ベツニ・ナンモ・クレズマなどのリーダーバンドを結成、 現在はKIKI BAND とこまっちゃクレズマ、新大久保ジェントルメンの3つのバンドを率いている 自己のバンドの活動と並行してRCサクセションのサポート、イアン・デューリー&ブロックヘッズへの参加、沖縄民謡の大工哲弘のプロデュースなど国内外の多様なジャンルのミュージシャンと無数の共演、また、アケタの店に始まり現在ピットインで続く連続コンサートの「大仕事」、雑多で猥雑なキャバレー「大風呂敷」、練馬の畑でのコンサート「フ ェスタ・イン・ヴィニール」などのイベントの主宰、エイジアンファンタジーオーケストラの音楽監督、「我に撃つ用意あり」などの映画音楽など、その活動範囲は単なるジャズミュージシャンの枠を大きく越えている。還暦を迎える今も、精力的に活動中である。

太田 惠資
1956 年熊本生まれ。 5 才よりヴァイオリンを始める。鹿児島大学で化学を専攻。'83年上京し、作・編曲家として出発。 これまでにCM、映画、演劇や、ファッションショー、プラネタリウムなどの音楽を数多く手掛けている。ヴァイオリニストとしては民族音楽(トルコ、アラブ、インド、東欧、アイルランド)やジャズ、即興演奏を得意とする。勿論、スタジオやライブではあらゆるジャンルをこなす貴重な存在で、様々なアーティストやタレントの作品に参加。日本人離れした声にも定評があり、ステーションブレイク (WOWOW,TOKYO-FM)、CD-ROM「ファンタズマゴリア」のキャラクター、TV、映画、CMなどに使われている。またその強力な風貌ゆえか、パフォーマンス・アーティストとして舞台に立つこともあり、海外公演も多い。

鬼怒無月(Gu)
'64 年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。'90 年に自己のグループ、ボンデージフルーツを結成、'94 年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作 の「Bondagefruit6」('05 年2 月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは'98 年"ScandinavianProgressive Rock Festival"、'99 年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWE より2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバン ド「Warehouse」、ギターインスツルメンタルの極を追求する「Coil」、勝井祐二とのデュオ「Pere-Furu」、壷井彰久(vn)との 「ERA」、吉田達也(ds)の「是巨人」、カルメンマキ(vo)の「サラマンドラ」、更に灰野敬ニ(vo,g etc.)、常味裕司(oud)とのコラボレーション、ギターソロ等日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

 Hops And Herbs
(甲府市中央1-1-5)


Hops And Herbs は山梨・甲府の街のブルーパブです。1F の工場“OutsiderBrewing”で、醸造、発酵、熟成ひとつひとつ丁寧に仕上げられたフレッシュなビール6 種類と季節を楽しんで頂ける限定ビールをランダムに取り揃えております。よりビールを楽しんでいただくために、新鮮な山梨の特産を使ったお料理、本場の味を召し上がっていただける外国のお料理をご提供させていただいております。

お問合せ先: 055-225-2012
類家心平カルテット

類家心平(Tp)
1976年4月生まれ、兄の影響で小学校の吹奏楽部に入部しトランペットと出会う。高校卒業後、海上自衛隊に入隊、音楽隊でトランペットを担当。国内外での演奏活動。退隊後ジャズトランペットを高瀬龍一氏に師事。 2004年SONYJAZZから、「urb」のメンバーとしてメジャーデビュー、同年「タイ国際ジャズフェスティバル」に出演し高い評価を受ける。 現在自身のバンド「Shinpei Ruike 4 piece band」を主催。DJ、VJ、ペインターが入ったユニット「Landscape Jazz Orchestra」やエレクトロノイズジャズユニット「DADA」を主催。またフジロックフェスティバル、ライジングサン等の公演で注目を集めている。活躍のフィールドはジャズに留まることなく「LUNA SEA」ギタリストSUGIZO率いるユニットや、元「ビート・クルセイダース」ケイタイモ率いる「WUJA BIN BIN」等に参加し活躍の幅を広げている。リーダーバンドの集大成とし、ファーストアルバム「DISTORTED GRACE」をリリース。

中嶋錠二(Kb)
1981年11月生まれ 高校までクラシックピアノを学び、尚美学園大学ジャズ&ポップスコースに入学。 坪口昌恭氏に師事し、ジャズピアノを学び、 成績優秀者とし、卒業演奏会で演奏をする。 大山日出男、梶原まり子、小杉敏、金子健、藤井学、安藤正則、類家心平などと共演。 佐藤有介率いる、オリジナルバンド『girafe』に参加。その他にも、尺八や和太鼓などの和楽器との演奏もしている。現在、都内などのジャズバーやライブハウスで、ジャズのライブを中心に活動中。

鉄井孝司(B)
1974年生まれ。ジャズとクラシック音楽を聴く父の影響を受け、幼少の頃から音楽に聴き親しむ。中学校では、独学でピアノを始めるが独学では限界を感じ、ピアノ教室に通いはじめる。高校に入りフュージョンバンドを結成。そこでエレクトリック・ベースを担当。卒業後、ジャズの本格的勉強のためにアメリカ・テキサス州立University of North Texasに留学。ベースをJohn Adams、Lynn Seatonに師事。同大学にて"Bachelo rof Music"を取得。Dallas/For Worthエリアにて、様々なミュージシャンと演奏。2002年帰国し、現在、首都圏エリアにて精力的に演奏活動中。

吉岡大輔(Ds)
1975年5月生まれ。 14歳でドラムを始め、大学にてジャズ研究会に所属、大坂昌彦氏、佐野正佳氏に師事。在学中、関東ライブハウス、クラブ、ストリートパフォーマンス等で演奏活動を展開。『The Sound Of Triograph』 TRIOGRAPHCDに参加。本田竹広との共演や『In The Movie』 Smooth Ace、『Swinggin' Street』 Dorlisなどスタジオワークでも好評を博す。また 椎名豊Trioにてチョン・ミョンフン指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の公演に参加。レギュラーバンド、野本晴美Trio,類家心平Group,福田重男Trio,CharitoGroup,アカーモグルポも多岐にわたり精力的に活動し、吉岡大輔の繊細でダイナミックなドラミングとジャンルを問わない音楽性は多くのファンを魅了している。